♡美しいピザのいただき方♡

♡美しいピザのいただき方♡

Pocket

 
『RICCAダイヤモンドマナーアカデミー』主宰
千葉まおです
 
♡現在ご案内中のレッスン情報はこちら
♡コンセプト&プロフィールはこちら
♡お客様のご感想はこちら
♡どこよりも早くレッスン情報をお届け!LINE@のご登録はこちら
♡毎週水曜の読む美容☆メルマガ「ダイヤモンド・レター」のご登録はこちら
 
 
♡運命が変わる食事作法♡
1/18(土)2/1(土)1dayレッスン開催!!
 
 
 
昨日は大好きなお友達と
ピザランチ♡
 
 
 
 
 
 
お腹いっぱい頂きました(*´ω`*)
 
 
 
 
さて、
 
 
「ピザはフォークとナイフ
or 手で頂くのは、
どちらが正しいでしょうか?」
 
 
と時々ご質問を頂きます。
 
 
 
 
 
実はピザを頂くときのマナーは存在し、
 
お店でナイフとフォークが提供されたら
手づかみではなく、
ナイフとフォークで頂くのがマナー
 
とされています。
 
 
 
 
 
本場イタリアでは、
ナイフとフォークを使って
ピザを頂くのが主流。
 
 
 
 
 
よくある8等分されたピザの1切れずつの
頂き方は、
まず、ナイフとフォークを使い
中心部(先の尖った方)から
耳の方に向けて巻きます。
 
そして、巻き終わった後はピザを横向きにし、
左から一口大ずつにして頂きましょう♪
 
(ピザの生地が厚い場合は、
巻かずに尖った方から一口大ずつに頂いても
大丈夫です)
 
 
 
 

対して、アメリカのカジュアルスタイルでは
ナイフやフォークは使用せず

手で頂くことも多く、

その場合はピザをやや内側に
曲げるようにして持つと
ソースが垂れにくいです。

 

 

この場合も尖った方から頂き、

食べた方を人に向けない、

歯形が残らないように平行に頂く、
(しのび食い)

などの配慮があると美しいです♡

 

 

 

ただ、一番大切なのは

周囲の方と気持ちよく
お食事の時間を共有すること。

 

 

もし周りの方が
手でピザを召し上がっていたら
合わせて手で頂いた方が
自然な場合もありますし、

その場の空気を見て
柔軟に対応することも
大人の女性の賢さだと思います♡

 

 

それよりも、

 

・提供されたのに
おしゃべりに夢中ですぐに食べない

 

・具だけ食べる
(ダイエット中の方に時々いらっしゃるそうですが、
お店の方に大変失礼です)

 

・残した耳をお皿の隅に寄せない

 

など、自分のことしか考えていない
振る舞いの方がNGマナー!><

 

 

作ってくださったお店の方や、

一緒にお食事している方への気配りを
忘れないこと、

その意識
マナーの手順を覚えることよりも
何よりもその方を美しく見せます♡

 

 

♡個別相談のご案内はこちら♡

♡1dayレッスンのご案内はこちら♡

 
 
レッスン最新情報や
エレガント印象をつくる秘訣を
不定期でお届け♡
↓LINE@ ご登録はこちらから
SNSでシェア
Pocket