「美しいマナー」と「生涯愛される女性]の共通点

「美しいマナー」と「生涯愛される女性]の共通点

Pocket

 
ブログをご覧頂きありがとうございます。
 
ダイヤモンド・マナーアカデミー
『RICCA』主宰 千葉まおです。
 
♡現在ご案内中のレッスン情報はこちら
♡プロフィールはこちら
♡お客様のご感想はこちら
♡LINE@のご登録はこちら
♡メルマガ「ダイヤモンド・レター」のご登録はこちら
 
 
3連休の初日は、花嫁学校コースの
第2回目のレッスンでした。
 
前回がメイクレッスンだったこともあり、
皆様のオーラがキラキラでした。。。♡
 
 
さて、突然ですが
美しいマナーと生涯愛される女性の共通点って
ご存知ですか?
 
 
実は昔は私、この大切さが分かっておらず
婚活に苦労したのですが。。。(苦笑)
 
 
答えはとってもシンプル。
 
 
それは、「内面が伴っているか」ということです。
 
 
どんなに教科書を読んで
形だけテーブルマナーが綺麗になっても
なぜ、そのマナーが必要か
マナーは何のためにあるか理解していないと
形だけの張りぼてのような
マナーになってしまう。
 
 
恋愛も、どんなに恋愛本を読んで
モテるメイクやファッション、モテ仕草で
身をつつんだとしても、
お相手の男性に未来を見せてあげられなかったり、
「やっぱりこの女性は自分の一番の理解者」と
思ってもらえないと、
男性は離れてしまいますよね。
 
 
男性に未来を見せることって
結婚後の家庭を想像させる、ということだけでなく
「自分はできる」
「自分は価値がある」
男性の出世欲に火を灯し、
応援し続けることだと思うのです。
 
 
女性も大好きな人から
価値を認められたり、
自信を付けてもらえたら
ますます頑張ろう、という気持ちになりますよね。
 
 
例えば、彼に作ってあげたお料理を
「美味しい!また作って!」と
笑顔で言われるのと、
「うーーん、ここはもうちょっと
こういう味付けで。。。」と
ダメ出しをされるのとでは。。。
 
どちらがより「また作りたい♡」と
素直に思えるかは、明白。
 
 
結局パートナーシップも
「どうしたら相手が心地良く
感じられるかな」という
思いやりの気持ちが全ての土台になっています。
 
 
 
マナーも歴史を紐解いていくと、
西洋も東洋も
宗教的、地理的な違いはある中
人間として求められている
普遍的な魅力は変わらないことに気付きます。
 
 
今回のレッスンでは、
次回の洋食・和食のテーブルマナーに向け
マナーがなぜ必要とされるか、
そしてマナーをベースにした
パートナーシップについて
お話させて頂きました。
 
 
「なぜマナーがあるのか、
なぜ、お年寄りを敬うのか改めて知りました。
男性に未来を見せてあげることや
旦那様を出世に導いた奥様のお話が
印象的でした」
 
「マナー一つでも歴史があるんだと感じました。
仕事も恋愛も通ずる事があると思いました」
 
「エチケット三原則を知ってはいるけど、
それを実行できているかどうかの
質問をされると、
知識と実践は違うなと感じました」
 
「”とろい”と”優雅”の違いが印象的でした。
おもてなしの幅が広がると感じます。
導線を意識して行動しようと思います」
 
「伝え方が上手になると、
コミュニケーションで悩まなくなると感じました。
会話の引き出しも増やし、様々な人と
話せるようにします!」
 
 
レッスンを終え、生徒さん達から
頂いたお声です。
 
 
洗練された美しい立ち居振る舞いは
内面の意識から。
 
 
その意識は、きっと
人間関係にも大きな変化を起こします。
 
 
次回のレッスンでの皆さんの変化。。。♡
楽しみにしております♡
 
SNSでシェア
Pocket