『芯のある女性』の定義

『芯のある女性』の定義

Pocket

 
『RICCAダイヤモンドマナーアカデミー』主宰
千葉まおです
 
♡現在ご案内中のレッスン情報はこちら
♡コンセプト&プロフィールはこちら
♡お客様のご感想はこちら
♡どこよりも早くレッスン情報をお届け!LINE@のご登録はこちら
♡メルマガ「ダイヤモンド・レター」のご登録はこちら
 
 
 
先日、生徒さんと話していると
 
 
「『本当に生理的に無理、と
いうわけではない限り
どんな人と結婚しても同じ』と
言われたことがある」
 
 
という話が出ました。
 
 
 
 
実は私も独身時代に
同じことを人から言われたことがあり、
思わず
 
「私も言われたことがありますー!」
 
と思わず身を乗り出してしまったのですが笑^^;
 
 
 
 
 
でも、結婚した今、
ある意味これは正解の部分もあるかな、と
思うのです。
 
 
 
 
つまり、
 
いつも「ない」ことにフォーカスする人は
どんな人と結婚しても毎日不平不満しか出ないし、
 
いつも「ある」ことにフォーカスできる人は
どんな人と結婚しても毎日明るく、
笑顔でいられるんですよね。
 
 
 
 
結局、幸せでいられるかどうかは
自分次第。
 
(もちろん、主人と出会えたことには
感謝しています♡)
 
 
 
 
私はレッスンでよく
 
『芯のある女性』
『凛とした女性』
 
という言葉を使います。
 
 
 
 
芯があるかないかの定義は
自分の心でしっかりと
幸せを感じられるか、ということに
繋がるのではないでしょうか。
 
 
 
 
今月号の25ansの
FOXEY 前田会長の言葉にも、
非常に興味深く頷いてしまいました。
 
 
(以下抜粋)
 
『。。。このようなことを私は
娘に伝えてきたのですが、
突き詰めるとそれは
『ひとりでも生きていける力』でした。
 
娘の成長を感じてはいるものの、
親としてはやはり、
おぼつかないものを感じることが
あります。
そこで私が今、アドバイスを送るとしたら、
パートナーがいようがいまいが
それほど重要ではないということです。
 
これは読者の方々にも
お伝えしたいことでもあるのですが、
素敵なパートナーが
素敵な人生の絶対条件ではないと
私は思っています。
 
世の中、一寸先は闇。
何が起こっても不思議ではない時代に、
人をあてにして生きていると、
いざというときのダメージは
計り知れません。
 
だからこそ、
一人で立って歩いていけるようになることが
重要になってきます。
その自信があれば、
パートナーを助けることも
できますし、それがひいては、
自分を守ることにも
つながていくのです」
 
 
 
 
「自立」とは
「自ら立つ」こと。
 
 
 
 
ぐらぐらと芯のない身体や心では
すぐに倒れてしまいますよね。
 
 
 
 
どんな幸せも、ぐっと自分の力で
立ち上がった状態のもとに
訪れる。。。
 
改めて、芯を持つことについて
考えさせられたことでした。
 
 
 
 
LINE@では最新レッスン情報や
プチマナー、
美容情報をお届け!
恋愛・マナー・美容といった
お悩み相談も受付中です!
 
↓LINE@ ご登録はこちらから
SNSでシェア
Pocket