アフタヌーンティーは、全て頂いてOK?

アフタヌーンティーは、全て頂いてOK?

Pocket

 
『RICCAダイヤモンドマナーアカデミー』主宰
千葉まおです
 
♡現在ご案内中のレッスン情報はこちら
♡コンセプト&プロフィールはこちら
♡お客様のご感想はこちら
♡どこよりも早くレッスン情報をお届け!LINE@のご登録はこちら
♡メルマガ「ダイヤモンド・レター」のご登録はこちら
 
 
 
先日、LINE@読者様より
このようなご質問を頂きました(#^^#)
 
 
 
「今度、アフタヌーンティーに行くのですが
アフタヌーンティーは全て頂いても
よろしいのでしょうか?
 
また、スコーンのジャムとクリームは
付ける順番などありますか?」
 
 
 
 
ご質問、ありがとうございます♡
 
(LINE@からのご質問はとっても嬉しいです♡
皆さまお気軽にメッセージくださいね^^)
 
 
 
実は
 
☆アフタヌーンティーは全て頂いて良いのか
 
☆スコーンに付けるクリームとジャムは
順番があるのか
 
こちらの2つは
アフタヌーンティーレッスンでも
非常によく頂くご質問です。
 
 
 
 
マナーをお伝えする上で
少し歴史をお話しますね。
 
 
 
 
もともとアフタヌーンティーは
イギリスの7代目ベッドフォード公爵夫人の
アンナ・マリアによって誕生しました。
 
 
 
 
当時(1840年頃。
日本でいうと天保の改革などが行われた頃ですね!)の
食事は朝と夜の1日2回。
 
 
 
 
しかも観劇やオペラ鑑賞の後など
社交の後に夕食がとられた為、
夕食の開始が20時や21時と遅い
時間となったわけです。
 
 
 
 
そうすると朝食から夕食までの時間が空き、
お腹が空いてしまう。。。
 
 
 
 
そこでアンナが友人の貴婦人達を自宅に招き、
紅茶やサンドウィッチやお菓子でもてなすように
なったのが、
アフタヌーンティーの発祥とされています。
 
 
 
 
元来のアフタヌーンティーは
自宅でもてなすものでした。
 
 
 
 
その為、古いマナー本などによっては
 
「食べきれない量を用意する」という
ホスト側、ホステス側の配慮を考慮し、
アフタヌーンティーのフードを
全て食べきらないのがマナー、と
 
書かれている場合もあるようです。
 
 
 
 
ですが、
ホテルなどでアフタヌーンティーを頂く場合、
予め1名ずつに用意されている為、
全て頂いても全く問題ございません。
 
 
 
 
とはいえ、アフタヌーンティーは
かなりの量が出る場合もあるので
なかなか全て食べきるのは
難しい時もありますが(笑)
 
 
 
 
ぜひ、お好きな量を召し上がり
アフタヌーンティーの時間を
堪能してくださいね☆
 
 
 
 
 
また、スコーンについては
 
ジャムとクロテッドクリーム、
どちらから付けても大丈夫。
 
 
 
 
正式にはジャムが先、とされていますが
イギリスでも地方によって
様々だそうです。
 
 
 
ちなみに、豆知識ですが
 
クリームを先に付けるのが
「デヴォンシャー式」、
 
ジャムを先に塗るのが
「コーンウォール式」と
呼ばれています。
 
 
 
 
 
 
それぞれのホテルの
フレーバーティーを楽しみながら、
大好きな友人と美味しいスイーツを
頂く喜び。。。♡
 
 
 
 
私もアフタヌーンティーが大好きです♡
 
 
 
 
 
食事や振る舞いのマナーを知ることは
知っているから偉い、ということではなく、
 
堂々と自信を持って
その時間を楽しむための
エッセンスなのだと感じます。
 
 
 
 
私も昔アフタヌーンティーの
マナーを知らなった時は、
 
これで合っているのかな。。。?
 
とドキドキし、
純粋に味を楽しめていませんでした(笑)
 
 
 
 
せっかく大好きな友人との
楽しい時間なのに、
それはもったいないですよね。
 
 
 
 
 
大人の女性が素敵に
大切な時間を過ごす為にも
ぜひマナーを身近に感じて頂けたら
嬉しいです♪
 
 
 
 
 
 
 
LINE@では最新レッスン情報や
プチマナー、
美容情報をお届け!
恋愛・マナー・美容といった
お悩み相談も受付中です!
 
↓LINE@ ご登録はこちらから
SNSでシェア
Pocket