焼き鳥のエレガントないただき方って?

焼き鳥のエレガントないただき方って?

Pocket

 
『RICCAダイヤモンドマナーアカデミー』主宰
千葉まおです
 
♡現在ご案内中のレッスン情報はこちら
♡コンセプト&プロフィールはこちら
♡お客様のご感想はこちら
♡どこよりも早くレッスン情報をお届け!LINE@のご登録はこちら
♡メルマガ「ダイヤモンド・レター」のご登録はこちら
 
 
 
あっという間にGWも後半ですね。
 
 
 
 
先日LINE@で和食の
プチマナーをご紹介したのですが、
 
「知りたかったので、
ありがたかったです!!」
 
とのご感想を多く頂き、
私もとても嬉しかったです♪
 
 
 
 
 
普段テーブルマナーのレッスンでは
西洋料理、和食(懐石料理)について
主にお伝えしていますが、
 
 
 
焼き鳥やお鍋料理、お寿司など
他のジャンルについても
綺麗ないただき方を
教えてください♡
 
 
 
というリクエストも
本当に多いです(#^^#)
 
 
 
 
 
先ほど挙げた焼き鳥やお鍋料理は
カジュアルなお店だけでなく
高級な誂えのお店も多く、
 
接待やデートでも
使われる機会もありますよね。
 
 
 
 
私は
 
美しい所作は運命を変える
 
と信じています。
 
 
 
 
エレガントないただき方は
ビジネスや恋愛のチャンスも
引き寄せます♡
 
 
 
 
今日は
 
 
 
焼き鳥の
エレガントないただき方
 
 
 
についてお伝えしたいと思います。
 
 
 
 
焼き鳥のいただき方で一番気になるのが
 
 
 
串から外さず食べるのが良いか
 
串から外しても良いか
 
 
 
という点ですよね。
 
 
 
 
「串から外さずに召し上がってください」
と、お店で注意書きが書かれていた、
との記事がSNSでも話題になりましたが、
 
 
本来は焼き鳥は
串から外さずにいただくのがマナー
 
 
です。
 
※懐石料理で串ものが出た場合は
外していただくのが正解です。
 
 
 
 
お食事のマナーで覚えておきたいのが、
薄味⇒濃い味の順番でいただくのがマナー、
ということですが、
 
焼き鳥の場合は
串の先は薄味で串の下にいくにつれて
味が濃くなるように
味付けされています(#^^#)
 
 
 
 
ただ。。。私もそうですが
女性の場合、直接焼き鳥にかぶりつけるのは
躊躇される方も多いかと思います。。。(汗)
 
 
 
 
その場合、
お箸で外して食べる際に
順番を把握しておいて、
上に刺さっていた具から
いただくとエレガントです♡
 
 
 
 
また、串の先の1、2個は
直接串のままいただき、
食べにくくなったら
串から外していただくのも
マナー違反ではありません。
 
 
 
 
また、西洋料理の場合も
カジュアルなビストロでは
お皿を交換しシェアするのも
マナー違反ではないのですが、
正式な場ではマナー違反になるのと同様、
 
焼き鳥も串から外して
皆でシェアするのは
正式な場ではNGとされています。
 
 
 
 
 
TPOに応じ、
その場の雰囲気を崩さずに
美味しくいただくのは
どんなジャンルのお料理でも
共通です♡
 
 
 
 
もし同席の方が
串から外さず焼き鳥を召し上がっていたり、
 
デートで男性から
直接串のままいただくことを勧められたら、
 
敢えて串のまま直接いただくのも
チャーミングかと思います(#^^#)
 
(タレが垂れたりなどのご心配があれば
ぜひ懐紙を使ってくださいね♡)
 
 
 
 
 
美しい所作の本質は
「形」にとらわれるのではなく、
 
人や物を大切にする「気持ち」が
表面にあらわれるのもの。
 
 
 
 
GW後半のグルメシーンも、
あなたの所作がきらりと輝きますように♡
 
 
 
 
 
LINE@では最新レッスン情報や
プチマナー、
美容情報をお届け!
恋愛・マナー・美容といった
お悩み相談も受付中です!
 
↓LINE@ ご登録はこちらから
SNSでシェア
Pocket