相談を受ける上で大切なこと

相談を受ける上で大切なこと

Pocket

 
『RICCAダイヤモンドマナーアカデミー』主宰
千葉まおです
 
♡現在ご案内中のレッスン情報はこちら
♡コンセプト&プロフィールはこちら
♡お客様のご感想はこちら
♡どこよりも早くレッスン情報をお届け!LINE@のご登録はこちら
♡メルマガ「ダイヤモンド・レター」のご登録はこちら
 
 
 
ありがたいことに
長期レッスンを育児休業中の今も、
アカデミー卒業生の方や
ブログ、LINE@読者様より
ご報告やご相談を多く頂いております。
 
 
 
 
今や
 
〇〇コンサルタント
 
〇〇カウンセラー
 
などなど、多くの肩書が存在しますが
 
アドバイスをさせて頂くというのは
簡単なことではなく、
きちんと言動に責任を持たねばならない。
 
そう感じます。
 
 
 
 
先日、裏千家淡交会が発行している
『淡交タイムス』にも、
前お家元が興味深いコラムを
書かれていました。
 
 
 
 
相談と言えば、
『論語』の教えの中で
孔子の弟子の曾子がこう言っています。
 
 
 
吾、日に三たび吾が身を省みる。
 
人の為に誤りて忠ならざるか。
 
朋友と交わりありて信ならざるか。
 
習はざるを伝えしか。
 
 
 
その意味は、
 
私は一日に三回我が身を振り返ります。
 
一つ目は、他人の相談にのったとき、
誠心誠意それに当たったか。
 
二つ目は、朋友と交わったとき、
不信の言行はなかったか。
 
三つ目は、十分に理解していないことを
人に伝えるようなことはなかった、と
いうことです。
 
 
 
忠とは心の底からその人のために
尽くすこと。
 
信とは誠実ということ。
 
習とは学んだことを身を以て
理解することを言います。
 
 
誰にでもこうした反省をする
良心があるのですから、
皆さん自身もそのことに気が付いてください。
 
そうすれば世の中は
もっと明るく豊かなものになるはずです。
 
 
 
 
私も以前、起業したての時に
起業コンサルを受けたことが
あるのですが、
 
後日、その起業コンサルタントの方の
コンサルを受けられた、と言う方が
私が提案されたビジネスタイトルと
全く同じ物を使われていたのを見て、
 
あぁ、私の提案された物は
使い回しされている物だったのだな。。。と
がっかりしたことがあります。
 
(ちなみに私はその時提案された
ビジネスタイトルを結局使うことは
なかったのですが、
もし使っていたら丸かぶりになっていたはず^^;)
 
 
 
 
誰かの話に誠心誠意対応しないと
いうことは、
結局は自分の心を蝕み、
それはどんよりとした表情やオーラとして
表れていきます。
 
 
 
 
自分を省みるということは
自然と自らの豊かな雰囲気を
作るのではないでしょうか。
 
 
 
 
改めて、私も大切なことに
気付かせて頂いた前お家元のコラム。
 
 
 
 
大切な 人 対 人 の
お付き合いだからこそ、
基本的な心の在り方が
大事なのだと感じます。
 
 
 
 
 
 
 
LINE@では最新レッスン情報や
プチマナー、
美容情報をお届け!
恋愛・マナー・美容といった
お悩み相談も受付中です!
 
↓LINE@ ご登録はこちらから
SNSでシェア
Pocket