食事中に肘を付くのは、なぜNG?

食事中に肘を付くのは、なぜNG?

Pocket

 
『RICCAダイヤモンドマナーアカデミー』主宰
千葉まおです
 
♡現在ご案内中のレッスン情報はこちら
♡コンセプト&プロフィールはこちら
♡お客様のご感想はこちら
♡どこよりも早くレッスン情報をお届け!LINE@のご登録はこちら
♡メルマガ「ダイヤモンド・レター」のご登録はこちら
 
 
 
。。。ついに来た!
 
 
 
という感じですが、2歳7か月の長女は
なぜなぜ期真っ最中。
 
 
 
 
「こういう時はこうしようね」
 
「こうしたらお行儀悪いよね」
 
 
 
と、注意やマナーを教えると
 
次の瞬間
 
 
「なんでいけないの?」
 
 
と、素直な質問が返ってきます(笑)
 
 
 
 
 
先日も
 
「お食事中、肘をつくのは止めようね」
 
と言ったら
 
「何で肘をついて食べちゃいけないの?」
 
と、さっそく質問されました。
 
 
 
 
 
 
さて、大人の皆さまも
 
 
肘をついてお食事するのは
お行儀が悪い
 
 
と認識されている方は多いと思いますが、
なぜNGかご存知でしょうか?
 
 
 
 
 
実は
 
『肘をついて食べるのはNG』
 
というのは、
 
もともと日本の食卓がお膳の
文化だったことから来ています。
 
 
 
 
お膳で頂いている際に
肘を付けようとすると、
背中は縮こまり、かなり無作法な
所作になることが
想像できます。
 
 
 
 
そこから
肘を付いて頂くことは
所作が美しくなく、お行儀が悪い。。。
と言われるようになったのですが、
 
テーブルでフォークとナイフで
お食事を頂く際も、
肘を付けて食べようとすると
姿勢が悪くなりますよね。
 
 
 
それは、テーブルで
お箸で頂く際も同じ。
 
 
美しい姿勢でお食事を頂きましょう、と
所作の観点から
肘を付くことはNGとされてきたのです。
 
 
 
 
 
 
ですが。。。
 
私はもっと本質的な部分も
大切なのではないかな。。。と思います。
 
 
 
 
 
 
「いただきます」と
 
野菜や生き物の命をいただく感謝、
 
目の前の食事が届くまでに
携わった人への感謝。。。
 
 
 
 
感謝の気持ちを表すときには
姿勢を正しますよね。
 
 
 
 
私はそれらの感謝の気持ちを
示す為に
 
内面的にも
身体的にも
 
美しい姿勢で目の前の食事と
向き合うことは
とても素晴らしいことだと思うのです。
 
 
 
 
娘には
 
「〇〇(娘の名前)がこのご飯を
食べることができるのは、
お野菜やお魚、お肉の命を
頂いているからなんだよ。
 
そしてこのご飯ができるために、
お野菜を育ててくれたり、
お店に運んでくれたり、
多くの人が働いてくれているから
ご飯を食べることができるの。
 
だから、ありがとうございます、という
気持ちを込めて、
肘をつかないで綺麗な姿勢で
食べようね。。。」
 
と説明しました。
 
 
 
 
まだ難しいことは
分からないかもしれないけど、
じっと私の目を見て
話を聞いてくれていた娘。
 
 
 
 
親がまっすぐ向き合って
言ったことは、
きっとすぐには理解できなくても
心に響いていると信じています(^^)
 
 
 
 
 
子育ては忍耐!
 
 
 
つい忙しいと
なぜダメなのか、なぜそうなるのかを
説明するのを省いてしまいがちですが、
 
子供に一つ一つきちんとマナーを説明して
向き合うことで、
きっと感性も豊かになってくれるはず。
 
 
 
 
私もマナーレッスンでは
形だけではなくなぜそうなるか、の
内面の部分を重視していますが、
 
ご結婚前の生徒様から
 
「将来自分が母親になった時、
きちんと説明できる母に
なりたいなと自信になりました!」
 
と言って頂けるのは
非常に大きな喜びです♡
 
 
 
 
心の姿勢は、外に表れます。
 
 
 
 
内面も外面も、
美しい姿勢を保ちたいですね。
 
 
 
 
 
LINE@では最新レッスン情報や
プチマナー、
美容情報をお届け!
恋愛・マナー・美容といった
お悩み相談も受付中です!
 
↓LINE@ ご登録はこちらから
SNSでシェア
Pocket