私の転職ストーリー④

私の転職ストーリー④

Pocket

 
『RICCAダイヤモンドマナーアカデミー』主宰
千葉まおです
 
♡現在ご案内中のレッスン情報はこちら
♡コンセプト&プロフィールはこちら
♡お客様のご感想はこちら
♡どこよりも早くレッスン情報をお届け!LINE@のご登録はこちら
♡毎週水曜の読む美容☆メルマガ「ダイヤモンド・レター」のご登録はこちら
♡公式Youtubeチャンネル「RICCAチャンネル」はこちら
 
 
♡大人の女性として知っておきたいマナーを
自由に選んで学べる
 
オーダーメイドマナーレッスン(詳細はこちら
 
 
 
前回からかなり時間があいてしまいましたが
今回は転職ストーリーの
続きです♪
 
 
 
私の転職ストーリー①は⇒こちら
私の転職ストーリー②は⇒こちら
私の転職ストーリー③は⇒こちら
 
 
(転職ストーリー③からの続き)
 
ラグジュアリーブランドから
商社という
異業種、異職種への転職を決意した私。
 
 
 
まずはES(エントリーシート)を書き、
書類選考を通らねばいけなかったのですが
 
その時にいかに先方が望む人材と
自分の強みがマッチしているか
伝える必要がありました。
 
 
 
 
 
特に異業種の転職ということで
私が意識したことが
 
①前職での事務業務の経験
 
②職場で語学を活かしていた経験
 
③ニーズを拾う力
 
の3点。
 
 
 
 
 
まず、①の事務業務ですが。。。
 
 
実は最初の難点が
 
 
接客業しか経験がない
=PCスキルないのではないか
 
 
と思われる点でした><
(実際は、接客と言えど裏方業務で
PCに触れる機会も多かったのですが^^;)
 
 
 
以前、話を聞きに伺った
転職エージェントから言われたのが
 
「もし事務系の職種を
希望するならば、
接客業の中でいかに事務業務に
携わっていたかESや経歴書で
アピールしないといけない」
 
ということだったのです。
 
 
 
特に私の場合は
PC関連の資格なども持っていないので
 
「あなた、接客しかしていないから
PCまともに使えないよね?」
 
と思われることを前提に
書くこと、話すことを
考えなければいけなかったのです。
 
 
 
 
ESや面談では自分の熱意を
伝えることはもちろん大切ですが。。。
 
相手が不安に思うであろう材料は
最初からクリアにしておくことも
必要だなと
その後の社会人生活でも
つくづく感じました。
 
 
 
そして!!
 
ESでは
 
接客といえどしうっかりPCも
扱っていますよ、ということ
 
海外からの観光客をメインに
英語での接客担当を任されていたこと
 
お客様からのニーズを察知する力は
事務の仕事をする上でも
営業担当者や上司のニーズを拾う上で
必ず役に立つこと
 
それらをしっかりアピールし。。。
 
(あと、面接の話のネタになる為に
趣味の部分には
「読書:歴史小説」と書きました^^
 
新卒の就活の時も面接官の方と
司馬遼太郎の話で盛り上がり
「君、渋いねー」と評価頂いた経験が
ありました笑
 
面接官が好きそうなネタを
ESに盛り込むことは必須!)
 
 
 
最初の難所と言われる
書類選考を突破!!
 
 
 
 
その後、
 
SPI
 
一次面接
 
二次面接
 
と進み。。。
 
(やっぱり歴史小説のことは聞かれたので
心の中でガッツポーズ♡)
 
 
いよいよ
 
最終面接へ。
 
 
 
 
この最終面接で
私は圧迫面接を受けることに
なったのです。
 
 

 

続きます!!!

 

 
 
レッスン最新情報や
エレガント印象をつくる秘訣を
不定期でお届け♡
 
↓LINE@ ご登録はこちらから
 
ID @jca4432d からもご登録頂けます♪
 
 
公式Youtubeチャンネル
SNSでシェア
Pocket